ご活躍している「ひきこもり支援相談士」

独立開業している方々

 平沖 匡志 氏 詳しくはこちら

千葉県 E-Mail/cocoronoha@gmail.com

ごあいさつ

はじめまして。
ひきこもり支援歯科室「こころのは」代表の平沖と申します。

わたしたちは、歯科医療従事者の立場から、ひきこもり状態の方・ご家族の方への支援を行っております。
主な活動として、ひきこもり状態の方のご希望を伺い、提携歯科医院での「診療室貸し切り」など、安心して受診できる環境を整えた上で、歯科治療を行っております。

わたしたちは、ひきこもり状態の方に対する歯科治療には、「3つの意義」があると考えております。

「苦痛をとる」
虫歯や歯周病は時として耐えられない痛みをもたらすことがあります。
簡単な処置で痛みを取り除ける場合があるのに、なんらかのバリアで歯科を受診できず苦しみ続けるのは、不幸なことです。

「明日のために」
ひきこもり状態の方の口の中の状況は、時として非常に深刻な場合があります。
重度の虫歯・歯周病となってしまうと、抜歯するしかない場合もあります。
若くして取り外しの入れ歯などを使うような状態になると、今後の社会参加の障害となるかもしれません。

「つながり」
ひきこもり状態の解決には、「社会とのつながり」を少しずつ増やし、少しずつ太くしていくことが大切と考えます。
強い痛みを取ることや、歯を失うことを避けることは、ひきこもり状態の方ご本人にとっても、必要性の高いものと思われます。
また、歯科治療は、基本的にいつも同じ環境、同じスタッフで、同じような処置を行うので、一度受診できれば、その後の受診の抵抗は比較的少ないようです。
そういった点から、歯科受診は比較的作りやすいつながりとなるとわたしたちは考えます。
治療終了後も継続して定期健診にきて頂くことで、口の健康の維持と「つながり」が保てます。

「口の健康」から、「からだの健康」、「こころの健康」がはじまります。
お気軽にご相談ください。

ご家族の方、支援者の方からのご相談もお受けしております。

氏名 平沖 匡志 氏
プロフィール <資格>
歯科医師
ひきこもり支援相談士
日本心理学会認定心理士
<経歴>
第一高等学院(現第一学院)OB

長崎大学歯学部歯学科卒
長崎大学病院 特殊歯科研修修了

医療法人社団歯聖会ファミリー歯科 常勤歯科医師
活動内容 歯科医療を主な手段として、ひきこもり状態の方の、口の健康、体の健康、心の健康を守るための活動をしています。

【1】ひきこもり状態の方が、快適に歯科治療を受けられる環境の構築・提供
【2】「ひきこもり状態の方に対する歯科治療」について、当事者、家族、支援者、歯科関係者、社会に対する啓発
【3】ひきこもり状態の方の歯科的状況等の疫学的調査と、より効果的な介入方法の検討
活動エリア 関東地方を中心とした活動を行っております。
所在地 千葉県
URL ひきこもり支援歯科室「こころのは」
http://cocoronoha.cloud-line.com/
お問合せ cocoronoha@gmail.com


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、下記のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

PDF