ご活躍している「ひきこもり支援相談士」

独立開業している方々

ひきこもり相談室 川島 洋子 氏 詳しくはこちら

〒040-0062 北海道函館市 TEL/0138-40-0703

ごあいさつ

 昨今、マスメディアでも取り上げられることが多くなったひきこもり問題。親の会の推計では、ひきこもりの人と不登校の児童・生徒らの数は全国で約160万人と言われています。
 ひきこもり支援相談士はひきこもり本人や家族とともにひきこもり問題に取り組む実践的な専門家です。
 とはいえ、ひきこもりの形態も100人100様です。援助者が利用者それぞれの生活問題に応じた個別の対応を専門援助として行なうことが必要となります。利用者や援助者の目の前に存在する困難な状況を取り除くこと、そして、利用者が遭遇している困難な状況は社会問題の一角でもあるとして、社会問題を見据えながら問題解決を支援しなければなりません。つまり、本人のパーソナリティの安定を図ると同時に、福祉サービス等を調整し、生活環境が改善されることを目標に支援活動を行なっていきます。
 したがって、個別的な問題状況の解決を直接的な活動としながら、問題の社会的な意味を考えて生活環境の変容や制度・サービスの変革も視野に入れた間接的な活動も積極的に行っていきたいと考えています。

氏名 川島 洋子 氏
プロフィール 東京福祉大学社会福祉学部社会福祉学科卒業
一般社団法人ひきこもり支援相談士認定協議会地区統括代表会員
■関連資格
ひきこもり支援相談士、日本心理学会認定心理士、養護教諭1種
活動内容 「ひきこもり相談室」を開設し、行動や意識等の改善を目的として広い範囲の対象者に、集団または個人単位に助言等を行います。1回あるいは継続的な助言指導(助言、指示、説得、承認、支持、情報提供等)、他機関斡旋、インターネット相談、関係者に対するコンサルテーション等の活動も併せて行います。
活動エリア 北海道 道南地区を中心とした活動を行っております。
その他地域にお住まいの方も、お気軽にご相談ください。
主なメディア掲載 PDF H22.04.14_函館新聞
所在地 〒040-0062 北海道函館市
お問合せ TEL/0138-40-0703  Mobile/090-8897-5622
E-mail/info@hikikomori-sos.com
URL http://www.hikikomori-sos.com


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、下記のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

PDF